2021年06月09日 HPを更新しました!

最速の無料ワードプレステーマCOCOONはブログ以外には不向き?

cocoonを使用してみた

COCOONを使用してみて思ったこと

どうもー。
connieです。

今現在(2021年2月4日時点)無料テーマの中でも最速と言われている
ワードプレステーマ「COCOON」を採用しています。

いま、この状況でもPage Speed Insightsでは「モバイル90点 パソコン99点」という
高速スコアをたたき出しています。

でもこのブログを見てください。
何もウィジェットを採用していません。

メニューもフッターに少し表示しているのみ
(メニューの表示一つでそんなに速度は変わらないです)

サイトの顔であるアイコンやファビコンすら現在は採用していません。
(これも追加した程度では速度に影響はしないと思います)

ただ、今は面倒なだけです(*´ω`)

COCOONの高速設定ももちろんしています。

  • ブラウザキャッシュの有効化
  • htmlの縮小化
  • JAVASCRIPTの縮小化
  • LazyLoadによる画像・フォントなどの非同期読み込み

CSSの縮小化は行うと全ての記事のアイキャッチ画像が表示されず
且つサイト表示速度が遅くなるので一旦停止しています。

プラグインのAutoptimizeと干渉しているのかと思ったのですが
(こちらのプラグインでもCSSなど最適化できる)

プラグインAutoptimize側のCSS項目のチェックを外しても効果は無かったので
結局COCOON側でのCSS高速化設定は見送りにしています。

しかもAutoptimizeのプラグイン自体を無効化するとスコアは一気に下がり
モバイル60点 パソコン76点と激下がりしました。

ちなみに採用しているプラグインは8個ほどで。
クラシックエディターやEWWWの画像圧縮プラグインとgoogleサイトマップ作製プラグイン程度。

ウィジェットを増やせば増やすほどページ速度は遅くなる

これは、どのサイトやテーマでもいえる事ですが、ウィジェットや画像・動画などをページ内に
表示させると必ず1ページ辺りの容量が多くなるので必然的にページ速度は遅くなります。

なのでCOCOONももちろんウィジェットを増やす事でモバイルスコアは下がっていきます。

僕の場合、
サイドバーにプロフィールのウィジェットを追加するだけでモバイルスコア90を切りました( ;∀;)

ここで、COCOONの標準装備のカルーセルを使用すると平気で80点台に即落ちします。
これだとあまり意味が無いような気もします・・・( ;∀;)

確かにインストールした時までは「めちゃくちゃ速いぞコレは!」と感動していたのですが

結局プラグインもほとんど入れない状態で、ウィジェットを追加するだけでモバイル数値が80点台に
下がるのであれば、他のワードプレステーマでも問題は無いのかなと感じました。

自社サイト・企業サイトを作るのは不向き

ウィジェットや画像を追加するだけで数値がそこまで下がるのであれば
自社・企業サイトなどを製作するには不向きかなと感じました。

自社・企業サイトだからといって、必ずしもトップページに動画やカルーセルは必須ではないものの
どうしてもページ内に画像は使用しますよね。

お客様の目線から見ても、文字だけの見づらいサイトは
それこそgoogleの言う、「ユーザーエクスペリエンス=UX」に影響します。

僕も文字だけの取り扱い説明書などは苦手で
文面だけだと余計に分かりづらくなるので大嫌いです。

画像も1枚や2枚で済めばいいですが、それだけだとサイトの見栄えも悪くなります。

今のこのブログ状態のように、記事内にアイキャッチ画像と数枚の写真を入れ込む
程度であれば問題なしとハッキリと言えます。

結局はアフィリエイト・ブロガーとしては最適

だと思います。
先日も同じような記事を書きましたが、直観的に記事を書く事に関しては、「ずば抜けて」います。

テーマをインストールした瞬間に直観的に記事を書き始めれますから。
「自社・企業サイトをCOCOONで製作する」となると首を傾げなければいけません。

また、無料テーマであるが故に
オリジナリティの無い他者さんと同じようなサイトになりがちです。

ただ、独自ドメインで活動できるのは非常に便利です。

アフィリエイトは必ず独自ドメインで活用しよう

アメブロなんかはアフィリエイトがそもそも禁止されています
他の無料ブログでアフィリエイトが可能なサービスもありますが、独自ドメインではありません。

必ず、そのサービス会社のドメインが一番初めに付属します。
アメブロであれば「https://ameblo/ID名/」などです。

これは同じドメイン間(アメこの場合はアメーバブログ内)で
検索順位の競争が発生します。

FC2ブログならFC2ブログのドメイン。
gooブログならgooブログのドメインが必ず付属します。

競合のサイトがたくさんあればあるほど
その中で競争をしなければいけなくなるためSEO対策的にも非常にデメリットです。

結果

話がアフィリエイトの話まで逸れちゃいましたが・・・(;^ω^)

でも、結論からいうとワードプレスでブログを始める人ってそもそも「アフィリエイターが主」
ですからねw

独自ドメイン活動をする事を目的で且つ
ワードプレスで最速の無料テーマと言えば

間違いなしで「COCOON」だと思います。

  • 簡単に直観的に記事を作製し、出来る限り早く収益化したい人向け
  • 自社・企業サイト向けにサイト作りを始めると、ページ速度も考慮しなければいけなくなるので不向き

というのが結論ですかね。

COCOONの開発に携わっている方はごめんなさい。

僕はサイト運営者なので、どうしてもアフィリエイター側だけの意見では選べないんです。
なので、何かのきっかけでこの記事を見かけても「こいつ馬鹿だなー」と思っていてください。

2021年2月4日追記
トップページのヘッダーに最適化した画像を追加しました。
モバイル速度70台まで減少 相変わらずパソコンは90台を維持しています。これは、もう、モバイルの3G回線を前提に測定しているgoogleのせいなんじゃないかと思います。
2020年から5Gが促進され採用されている時代で、3G回線を使用しているサイトなんかあるんでしょうかね。googleも5G回線を基準に考えましょうよ。
百歩譲って4G回線。2世代も前の速度を基準に測定しちゃ全てのサイト運営者に失礼でしょう。