2021年06月09日 HPを更新しました!

暗号資産IOST(アイオーエスティー) 一時7円台を付けました

iost

暗号資産IOST(アイオーエスティー)高騰中!

皆さんこんにちは。
connieです。

先日からお伝えしている暗号資産の一つIOST(アイオーエスティー)
アルトコインの一つのお話です。

2021年2月22日に7円台まで一時高騰しました。
現在(2021年2月25日朝)は5.5円台付近を調整でヨコヨコしています。
加熱しすぎたその反動か、23日は朝から徐々に下がり一旦3円台まで急落しました。
ですが、その日のウチに6円台まで回復しています(とても強いアルトコインですね!)今年の1月末ぐらいまでは1コイン=0.6円とかなり破格だったので
6円の時点で10倍(株で言うテンバーガー)にまで高騰しました。

0.6円時に資産を持っていた人は、この高騰でかなりの金額を稼いだのではないでしょうか?

まだまだ発展途上中のアルトコインIOST

先日からお伝えしているIOSTですが、第三世代でまだまだ開発されたばかりの暗号資産です。

アルトコインの特徴は
多くが初めは数円台から一年ほどでウン十円単位まで高騰する事にあります。

ちなみに第二世代のイーサリアムは、この一年で2万円から20万円まで暴騰しています。
資産がある人は先行投資する事で、大きな利益を得る事が出来る夢の世界でもあります。

そしてその中でもIOSTは、2020年9月に日本の暗号資産取引所(コインチェック)で取り扱いを始めたばかりの最新の暗号資産で1コイン辺りの単価もまだまだ一桁と格安です。

日本国内では「コインチェック」しか今は未だIOSTを取り扱っていません。

最新のブロックチェーン技術
Defiにも積極的に取り組んでいく姿勢
JAVAという誰もが簡単に触れる事が出来るプログラミング言語を採用
処理速度は従来のアルトコイン比100倍以上!(第二世代のイーサリアムと比較)
と、色々と材料が豊富な暗号資産のIOST。
格闘家の朝倉未来さんが所持されているとも、噂されているのもこのIOSTです(ネット上の噂ですが)

IOSTは1月と比較して10倍
2月中でも約5倍とかなりの高騰を見せています。

2/25本日にエアドロップを実施されるようです。
「エアドロップ後は一旦価格が下がる」ことが、世間一般ではよく言われています。

エアドロップを目的に、そのコインを購入した方々が利確したりするからです。
僕自身は今回のエアドロップは、価格下落にあまり影響はしないと思っています。
(あくまでも個人的感想です)

23日の3円台からの復活劇には驚きを隠せませんでした。
その強さもあるIOST。

イーサリアムも8円→3円と暴落し、その後400円にまで暴騰した過去があります。
そして今は1コイン=20万円ちかくを水準しています。

第三世代と呼ばれるアルトコインの一つIOSTの今後

暗号資産のIOSTを開発しているIOST財団は、とてもアクティブな印象を受けます。
twitterも随時更新して情報を保有者たちに伝えています。

また、IOST財団は上半期のロードマップも公開しており、大手企業との協業などにも力を入れていくようです。
この大手企業と言うのが、どこなのかは公表されていませんが
皆さんがご存知の企業さんだと、IOSTの認知度と価値が一気に跳ね上がる可能性が大きいです。

まだまだ1桁台で購入できる暗号資産です。
今後も色々な事に取り組んでいくと公言しているIOSTですから
2021年度注目度ナンバーワンの暗号資産だと個人的にも思っています。

詳しくは公式サイトやtwitterをご覧ください。

※当ブログはあくまでも個人的見解を記事にしており、投資を推奨するものではありません。

投資をされる場合はあくまでも自己責任でお願いいたします。