2021年06月09日 HPを更新しました!

2021年モバイルファーストインデックスが及ぼすSEO対策とは

モバイルファーストインデックスとは

2021年Googleのアップデートはさらに加速し
モバイルファーストインデックスがさらに重要視される!?

どうもー。
connieです。

インターネットを介して事業をされている
企業さんや個人の方々は、とくに「検索順位=ランキング」という
見えない敵と闘っていると思います。

googleは今後、パソコンサイトの表示速度よりも
モバイル(スマホ)の表示速度を重視する
という結論を出しました。

SEO対策には、まだまだサイト個々の「ドメインパワー」や「被リンク」が
大きな比率を占めしていますが

今後は「サイトの表示速度」や「モバイルフレンドーに対応しているサイト」を
上位表示する傾向になる
ようです。

今はパソコンよりもスマホの方が主流になってきている

2015年頃より、僕が運営しているサイトでもモバイル(スマホ)での検索流入がPCを上回りました。
検索流入がどこから来ているかは「Google Search Console=グーグルサーチコンソール」で確認ができます。

皆さんが「サチコ」「サチコ」とネット上で連呼しているアレですね。

一人一台の現代の必須ツールでもあるスマホは
いつでもどこでも使える便利ツール

携帯(スマホ)は今や小学生でも持っているツールの一つです。
携帯を持つことを嫌がっていた、ご年配の方々でも連絡ツールとしてスマホを持っている時代です。

しかもガラケー(ガラパゴス携帯=パカパカ携帯とも言います)の開発は
ほとんどの企業が早々に撤退をしました。

「PCは専門分野」 「スマホは一般人が使う物」という草分けができた

PCはもともとの値段がお高い事もありますし
現代のスマホは、「当時はPCでしか出来なかった事」も容易にできるようになってきています。
最早PCはプログラミングをする方や、専門分野の方々しか利用しないようになってきています。

その点、スマホは若者の中でも流行している[ゲームアプリ]や「ユーチューブ」などアプリ系は全て使用できます。
一般の方が使う分の使い勝手という面では、PCとの差はほとんど無くなってきています。

そのスマホをGoogle様が
ないがしろにするワケがありませんよね。

スマホユーザーをメインターゲットにした方が
検索ユーザーもgoogleもwinwinの関係になる

という事です。
僕もよく寝る前に雑魚寝しながらスマホをイジイジして色々と検索したりします。

PCは仕事の時以外は、ほとんどと言って良いほど使用しませんね。
PCはどうしても忙しい現代人には不向きで、腰を据えて使用しなければいけないのがネック。
(昔は当たり前の事だったんだけどね・・・(;^ω^))

その点、スマホはいつでもどこでも持っていけるし
電波の届くところなら誰とでも繋がっていられますから。

パソコンサイトだけの企業もまだまだ多い

大昔から経営をされている、パソコン全盛期の企業さんなんかは
未だにPCサイトだけで運営されている所も多いです。

そういう企業さんは、今後特にインターネットを介してのお客様の流入は見込みが薄くなっていきます。
また、主要なページのみをモバイル適用されている企業サイトもよく見かけます。

サイト全体ではなく、個々のページだけをモバイル対応するのは
今後は危険な可能性も・・・?

googleは直ちに影響はないと公式発言されているようですが。
スマホ対応のページのみが評価されるようになり、検索ランキングにも影響が出てくる可能性があります。
サチコで「モバイルユーザビリティ」の項目が出来ている事がなによりの証拠です。

今はワードプレスなどでホームページを製作する人も多いでしょう。
そういう場合はモバイルファーストに対応しているテーマを購入するなりして
早めに対応しておいた方がSEO対策的にも良いかもしれません。