2021年06月09日 HPを更新しました!

SEO対策に必要な物ってなんでしょうか?その答えを解決!

SEO対策行っていますか

皆さんはSEO対策をキチンと出来ていますか?

どうもー
connieです。

ホームページ製作で特別必要な物があります。
SEO対策が重要です。

SEO対策って言うと簡単に言えば、

ホームページを最適化して検索エンジンに伝えてあげる事で
ホームページのランキング(検索順位及びページランク)を上げる事です。

①被リンクの獲得
②重要キーワードの選定
③サイトのパフォーマンス向上

と色々とあります。

特に重要なのが被リンクの獲得

被リンクと言うのは、外部からの自サイトへのリンクの事ですね。
特に一方的に付けられた物の方が重要になります。

よく、ブログなどでは趣味のあった人達同士で相互リンクを張ることが多いです。
これも被リンクに当たりますが前者の方がより効果的になります。

なぜなら、相互リンクはお互いにSNSやメッセージで
やり取りをして獲得することが自然な被リンクに比べて容易だからです。

反面、自然な被リンクは自分ではどうしようもありません。
このブログのように、サテライトサイトを何十個も製作して
自社サイトにリンクを向けてあげる事も一つの手だと思います。

その代わり、全てを管理しないといけないというリスクが生じます。
中身の無いペラペラなサイトの被リンクはあまり意味が無いからです。

ですが、google様もそんなにおバカさんではありません。
昨今のgoogle様のAIはとても賢くなっています。

昔はそのような手法でランキングを上げる事が出来ましたが
現在では、そのような手法はブラックハットSEOと呼ばれ禁忌とされています。
(むしろドメインパワー・ページランクを下げる事に繋がります)

急激に被リンクが増える事が不自然だからです。
余程SNSに取り上げられたとか、TVで紹介された等の理由が無い限りは
ブラックハットSEOと判断される可能性が大でしょう。

重要キーワードの選定

自サイトをどのようなキーワードで上位表示させたいかを明確にすることが大事です。
「SEO対策」「SEO ホームページ」などのキーワードで上位を目指したいのであれば

必ずそのキーワードをタイトル・見出し・本文中に含める事です。
しかし多用は厳禁です。

まず検索エンジンは、見出し1(タイトル)を重要視します。
そして次にその中身を重視します。
SEO対策の事に関してタイトルを用意しているのに、中身を開けたらまったく関係の無いことを書いているのは勿論NGです。

また、他人様のブログ文面を引用をするだけもNGです。
天下のgoogle様はそんな事お見通しです。

どうしても引用したい文面などがあれば
linl relなどで引用タグを付けて元のサイトにリンクしてあげると良いでしょう。

要は
ページ内容にも
オリジナリティが重要視されるという事です。

サイトパフォーマンスの向上
サイト表示速度を図るツールが

数年前からgoogleで実装されました。
まさに2021年今年から
サイトの表示速度(パフォーマンス)を上げる事で検索順位にも影響を与えるという事が発表されました。

「ユーザーエクスペリエンス」という難しい言葉が出てきますが
要はホームページを見やすくし、表示速度も上げてあげる事でユーザーファーストのサイトを製作しなさいねと言っています。

表示速度が遅いと誰でもサイトを見るのが嫌になりますよね。
お気に入りのサイトがリニューアルでロードに長時間かかるようになれば
今後そのサイトを見るのをやめてしまう事もあるかもしれません。

サイトの表示速度を見るツールに
Page Speed Insightsというgoogle公式の速度測定ツールがあります。
そこである程度の速度と改善項目が確認できます。

改善項目の紹介などは後日紹介したいと思います。

ですが、そこでの表示は多少辛口で表示されています。
今後はLighthouseという所での分析が一番重要視されるようになることが分かってきました。

ですが、未だにSEO対策やホームページ対策を生業としている業者さんは
上記のPage Speed Insightsの数値を重要視しているところも多いです。

もっと重要なのは、やはり①で紹介した被リンクの獲得です。
これは定期的に行われるgoogleのコアアップデートにも屈しません。

被リンクがあるという事は、それだけ信頼度がある・役に立つサイト・ページだと評価されているからです。
(運営サイトの被リンクをぶっ壊した張本人は僕ですが。。。)

結論

今後は、

良い記事を書き続け自然な被リンクを獲得し
タイトルなどのキーワードの選定を見直し
サイトの表示速度もあげてあげてね

という事です。

今のところ、サイトの表示速度はそこまで重要視されていませんが
2021年以降google様のお考えがまた違う方向に行った時用に対策をしておくに越したことはありません。

ちなみに僕が運営しているショップサイトは下記ら御覧ください
芸能人の方や事務所関係者様・個人の方々まで色々な方よりご利用頂いております。